クレジットカードや携帯決済で買えるAmazonギフト券を買取現金化 - 換金マックス

クレジットカード現金化 いくつかの方法の中から最も安全な方法を考える

クレジットカード現金化 いくつかの方法の中から最も安全な方法を考える

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金性の高い商品を購入し、それを転売し現金化することです。

クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった場合や、クレジットカードにキャッシング枠が設けられていない場合などに急場の資金策として活用されています。

クレジットカード現金化の方法はいくつかある

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法はいくつかあります。基本的にはショッピング枠で【換金性の高いもの】を買って売る、という流れですが、【換金性の高いもの】つまり商品の種類がいくつかあります。

【換金性の高いもの】というのはつまり【換金しやすいもの】ということです。一般的には金券類、ブランド品、時計、貴金属類、パソコン・ゲームなどです。

カードで買える金券→Amazonギフト券の買取り

金券はクレジットカードで買えるの?

デパート商品券や一般的なギフト券やビール券などは基本的にはクレジットカードでは買えません。新幹線の回数券は一部のカードを除きクレジットカードでも購入出来ますが、最近ではカード会社のチェックも厳しくなってきていますので避ける人が多いようです。

クレジットカードで買える唯一の金券で最近活用されているのが【Amazonギフト券】です。Amazonギフト券は大手ネット通販Amazonのサイトでクレジットカードで購入可能です。最近のクレジットカード現金化の主流になっています。

Amazonギフト券はクレジットカードで買っても大丈夫なの?

クレジットカード現金化で活用されているAmazonギフト券ですが、クレジットカードで購入してもカード会社には不審に思われないはずです。何故かというと、Amazonギフト券をAmazonのサイトで購入する際、クレジットカード決済以外に支払い方法が選べないからです。

つまりクレジットカードでしか買えないというわけです。他に支払い方法が選べないのにカード会社も『クレジットカードで買わないでください』とは言えないはずです。安心してクレジットカードの現金化に活用できるというわけです。

最高750万円まで買える!?

Amazonギフト券はAmazonのサイトでなんと一度に750万円まで購入できる仕様になっています。クレジットカードのショッピング枠の可能額が750万円必要ということですので、実際に買える人はあまりいないと思いますが、さすがにこれほどの金額になるとカード会社の承認はかなり慎重になると思われます。

通常クレジットカードを現金化する人は一時的な金銭工面が目的ですので、750万円分を実際に現金化する人はいないと思います。750万円まではいかなくてもある程度の高額購入で、Amazonで初めてクレジットカードを使う場合は承認に少し時間がかかることがあります。

Amazonギフト券の高額購入について

インターネットでのお買い物ですのでクレジットカード決済が高額になるほど承認も慎重に行われます。クレジットカードの現金化を疑われるというよりも、セキュリティの観点から慎重になっていると考えられます。

実際のところ100万円分を一回で買うのと、10万円ずつ分けて買うのとでは、当然10万円の方が承認は下りやすいと思われます。といっても100万円分が全く承認が下りないというわけでもありません。カードの利用状況や人によっては一発で通ることもあります。

しかし無難に購入したい場合は、少額から段階を踏んだり、分けて購入するというアプローチの仕方も有効かもしれません。クレジットカード現金化は突然思い立って利用することが多いですが、前もって計画を立てられるのであれば、一度に高額を現金化するよりも少額で分けた方が得策であるかもしれません。

Amazonギフト券をオークションで売る危険性

クレジットカード現金化目的の為にAmazonギフト券を購入し、オークションサイトで売るという考え方もありますが、この場合はある程度のリスクを覚悟しなければなりません。

オークションサイトは個人間取引ですので、ギフト券番号を詐取される、というトラブルも懸念されます。もちろん振込(入金)を確認してからギフト券番号を相手に渡すのですが、後から「ギフト券が使用済みだった」などと虚偽のクレームをつけられる恐れもあります。

またオークションサイトは平均5%前後の出品手数料を取られますので、90%で落札されたとしても5%の手数料を引けば、実質85%で現金化したことになります。このようなリスクを冒すぐらいなら、換金マックスのような買取業者に直接売却した方が安全ではないでしょうか。

クレジットカード現金化でもリボ払いは可能?

Amazonのサイトではクレジットカード決済は一括払いしか指定できませんが、ほとんどのクレジットカードは一括払いの買い物分を後からリボ払いに変更できる【後リボ】サービスがあります。

また【自動リボ】を事前に設定しておけば、一括払いで利用した分が全て自動でリボ払いになります。クレジットカードを現金化する予定がたっていれば前もって設定しておくと便利です。

一括払いの支払いを二ヶ月後にする方法

一時的なクレジットカード現金化の場合、リボ払いや分割払いではなく一括払いで利用するケースもあると思います。しかし翌月一括払いはちょっと厳しい…せめて再来月あたりまで引き延ばせないか…という方もいると思います。

そんな時に便利なのが【セゾンカード】などの翌々月払いのクレジットカードです。セゾンカードの支払い日は、月末締めの翌々月4日払いです。例えば9月1日に買い物した分の支払い日は11月4日になります。月初に買い物すれば支払い日が最長約2カ月後になります。

JR東日本のビューカードも翌々月払いのクレジットカードですので、クレジットカード現金化をしたい人にとってはお得なクレジットカードといえるかもしれません。

クレジットカードの引落しは絶対に遅れないようにする

「クレジットカードを現金化するとカード利用停止になる」という過剰な情報がネットで出回ってますが、【クレジットカードで買えるもの】をカード会社の承認を得て購入した上で、その後の支払いが遅れたりしなければ、いきなりカードを止められるということはまずありません。

暗証番号を間違えた時のようにセキュリティ面から一時的にカードを止められる場合も、本人がカード会社に連絡し、正規の利用であることを説明すればすぐにカードは使えるようになります。

しかしクレジットカードの支払いが遅れてしまうと、クレジット会社からの信用を失い、当然現金化も疑われやすくなりますし、支払い遅れの頻度などによっては与信枠(ショッピング限度額)を見直され引き下げられる可能性もあります。ですのでクレジットカードの支払いは絶対に遅れないようにしたいものです。

キャッシング枠が残っているのにショッピング枠を現金化する人はいるの?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する人のほとんどはキャッシング枠残高がない人ですが、稀にキャッシング枠が残っているのにショッピング枠を現金化する人もいます。

何らかの事情で信用情報機関にキャッシングの履歴を残したくない人や、単純にいざという時の為にキャッシング枠を残しておきたいという場合です。

実際のところショッピング枠を現金化する時、キャッシング枠が残っている方がカード会社に疑われにくいという噂もありますし、カードの枠を全て現金化しようと企てている場合は、ショッピング枠を全て現金化してからキャッシング枠を使い切った方がやりやすいのかも知れません。

ブランド品やゲーム機などで現金化すると消費税がかかる?

ブランド品であればルイヴィトンやエルメス、ゲーム機はPSPやニンテンドー3dsなどが人気どころですが、Amazonギフト券などの金券に比べると換金率の相場も低くなるようです。ロレックスなどの時計も意外に換金率は高くはありません。

また金券類は非課税商品ですので消費税はかかりませんが、ブランド品やゲーム機・時計などは消費税が別途かかりますので、現金化する際は余分に消費税分を支払わなければならないことになります。

クレジットカードで『金』は買えるの?

『金(ゴールド)』は通貨ではありませんが、価値が大きく崩れる恐れのない資産として人気があります。ある意味お金(現金)と同じような価値を持っているともいえますので、やはりクレジットカードでは購入出来ません。

『金』を素材にしたネックレスや指輪などの貴金属・宝飾品などはクレジットカードでも買えますが、これらを現金化、あるいは『金』の部分だけを現金化しようとしても効率的ではないでしょう。かなり安くなると思われます。ですのでクレジットカードの現金化には不向きといえるでしょう。

キャッシュバックというのは?

クレジットカード現金化業者でキャッシュバック方式を採用しているお店があります。キャッシュバックとはクレジットカードで購入した商品に対して現金をキャッシュバック(プレゼントみたいなもの)することです。

キャッシュバックすること自体は違法ではないのですが、購入する商品が【きちんとした価値のある商品】かどうかがポイントです。例えば100円ショップで売っているガラス玉などを宝石と称して数万円で販売したりすると、このキャッシュバックも違法とみなされるわけです。

キャッシュバック業者の利用を検討しているのであれば、購入商品が【きちんとした価値のある商品】かどうか事前によく確認することをおすすめします。また、現金化の際の換金率も騙されないように注意しましょう。

PayPalで商品券を買ったら危険?

Amazonギフト券は公式にクレジットカード決済が可能ですので安全ですが、PayPalで商品券を購入するのは危険です。クレジットカード会社はPayPal決済による商品券の販売・購入は認めていません。

クレジットカード現金化目的の為に、PayPalで商品券を販売しているサイトがありますが、クレジットカード会社に見つかれば業者だけでなく利用者も利用履歴がバレて追求される可能性がありますので注意が必要です。

クレジットカード現金化の詐欺って本当にあるの?

以前に比べて詐欺まがいの悪質なクレジットカード現金化業者は随分減ったといわれてますが、現在でもなお存在しているのは事実のようです。現金化業者もビジネスですので経営を続けるには当然利益が必要です。90%以上の高い現金化率を表記していたとしても、実際には後からいろいろと手数料を差引かれるケースが多いようです。

例えばAmazonギフト券買取業者の中でも、悪質な場合は非課税のAmazonギフト券にもかかわらず「消費税」をとったり、その他の意味不明な手数料をとるお店もあるようです。弊社「換金マックス」は振込手数料以外の手数料は一切いただきません。買取率も誠実な85%表記通りでご案内しています。

85%よりも高い買取率を表記している現金化業者もあると思いますが、弊社の考えではこれ以上の換金率ではビジネスとして経費が捻出できないと思っております。おおげさな換金率を表記している現金化業者をご利用の際はくれぐれもお気をつけ下さい。

安全なクレジットカード現金化業者は?

クレジットカード現金化を安全に行う上で重要なのは【何処で購入するか】です。自社で商品を販売し、それを買い戻すシステムのクレジットカード現金化業者もあるようですが、決済代行業者を介しカード会社を欺いているケースがほとんどですので非常に危険です。

このような違法性の高いサイトで買い物をすると、その現金化業者がカード会社から取引中止処置を取られた場合、決済代行業者の利用履歴から利用者が割り出され、カード会社から追及され言い逃れできなくなります。

Amazonなど正規のサイトでクレジットカードを利用することは全く問題がないので安全ですし、購入したものを必要がなくなったから売るという場合でも、買取り業者とカード会社は関連がないためデータの照会は不可能です。

安全にクレジットカードを現金化するには、【正規のお店】でショッピングをする、ということが非常に重要といえます。

クレジットカードを現金化するにはAmazonギフト券がおすすめ?

トータルするとAmazonギフト券を購入して現金化するのが今のところ得策ではないかと思われます。Amazonサイトでのカード決済ですのでセキュリティ面でも安心ですし換金率も高いです。

メールで売買が可能ですので、現金化がはじめての方でも簡単に手続きができます。換金マックスではAmazonギフト券を一律85%で現金化しています。

詳しくはこちら→Amazonギフト券の買取

PAGE TOP ▲