Amazonギフト券の買取り - 換金マックス

【Amazonギフト券】高額でも大丈夫なの?

【現金をつくる方法】 いくつかの方法の中から最も安全な方法を考える

Amazonギフト券はどこで販売されているの?

Amazonギフト券はアマゾンの公式サイトは勿論、提携サイトやコンビニ、スーパー、家電量販店、ドラッグストア、ドンキホーテなどでも販売されています。しかし店頭で販売されているAmazonギフト券はカードタイプやシートタイプだけで、EメールタイプのAmazonギフト券はネットでしか販売されていません。

Amazonギフト券の高額購入について

AmazonのサイトではAmazonギフト券 Eメールタイプの購入額に上限は設けていないようです。購入フォームに入力可能な金額は設定されていますが、サイト上に購入額制限を説明する記載は見当たりません。

但しインターネットでのお買い物ですので決済が高額になるほど承認も慎重に行われると考えられます。

実際のところ100万円分の買い物をするのと、1万円の買い物では、当然1万円の方が承認は下りやすいと思われます。といっても100万円分の買物が全く承認が下りないというわけでもありませんし、利用状況や人によっては問題なく購入できるでしょう。

高額のお買い物を確実に進めたいのであれば、普段から少額で段階を踏んだり、分けて購入するというアプローチの仕方も有効かもしれません。前もって計画を立てられるのであれば、一度に高額を購入するよりも少額で分けた方が得策であるかもしれません。

Amazonギフト券をオークションで売る危険性

不要なAmazonギフト券が手元にある場合、オークションサイトで売るという考え方もありますが、この場合はある程度のリスクを覚悟しなければなりません。

オークションサイトは個人間取引ですので、ギフト券番号を詐取される、というトラブルも懸念されます。もちろん振込(入金)を確認してからギフト券番号を相手に渡すのですが、後から「ギフト券が使用済みだった」などと虚偽のクレームをつけられる恐れもあります。

またオークションサイトは平均5%前後の出品手数料を取られますので、90%で落札されたとしても5%の手数料を引けば、実質85%で現金化したことになります。このようなリスクを冒すぐらいなら、買取業者に直接売却した方が安全ではないでしょうか。

ブランド品やゲーム機などを換金すると消費税がかかる?

ブランド品であればルイヴィトンやエルメス、ゲーム機はPSPやニンテンドー3dsなどが人気どころですが、ギフト券などの金券に比べると買取率の相場も低くなるようです。ロレックスなどの時計も意外に買取率は高くはありません。

また金券類は非課税商品ですので消費税はかかりませんが、ブランド品やゲーム機・時計などは買った時に消費税がかかってますので、実質消費税分(2017年現在 8%)を損しているということになります。

現金以外で『金』は買えるの?

『金(ゴールド)』は通貨ではありませんが、価値が大きく崩れる恐れのない資産として人気があります。ある意味お金(現金)と同じような価値を持っているともいえますので、やはり現金以外では購入出来ません。

『金』を素材にしたネックレスや指輪などの貴金属・宝飾品などは現金以外でも購入方法はありますが、純粋な『金(ゴールド)』に比べ加工品は価値が断然下がります。

PayPalで商品券を買ったら危険?

PayPalで商品券を購入するのは危険といわれています。PayPalはクレジットカードを利用したネット決済サービスですが、このPayPalを導入した商品券販売サイトが存在するようです。しかしクレジットカード会社はPayPal決済による商品券の販売・購入は認めていませんので注意必要です。

PAGE TOP ▲